【貸借対照表とは】経営系大学入学前に知っておきべきこと

財務分析

【貸借対照表とは】このブログで知っていただきたいこと

財務会計の中でも、大きな要素を占める貸借対照表について説明します。MBAを取得される方や、経営系の大学に入る方は、知っていて当たり前のレベルなのですが、数字も多く、割とここで挫折してしまう人もいますので、今回はそんな貸借対照表について簡単に解説していきます。

【貸借対照表とは】これから説明することはすべて動画にまとめています。

本ブログの内容は、動画にまとめて、アップロードしています。動画を見ない方は、このまま下に読み進めて下さい。

【貸借対照表とは】まずが概念から

貸借対照表を学ぶために、工場を例に考えます。工場では、銀行からお金を借りて、設備を買って、製品を作ります。このように、どのように資金を調達して、どのように資金を運用したかを示すのが、貸借対照表になります。

下が、見たことあるかもしれませんが、貸借対照表を表にしたものです。今回は数字がどうかというよりも、何を表しているかを学ぶ場としてとらえていただきたいです。

例えば、銀行から50万円を借りて、設備を購入した場合、以下のような貸借対照表になります。銀行から借りたお金50万円は負債として、右側に記載します。購入した設備50万円分は資産として、左側に記載します。

【貸借対照表とは】借方と貸方

貸借対照表では左側のことを借方(かりかた)、右側のことを貸方(かしかた)と言います。勉強を始めた頃、なんで借方、貸方というんだろう、何かを借りたのかなあ、貸したのかなあと疑問に思いました。色々と調べましたが、これだと十分納得できる語源はみあたりませんでした。ここでは、左側は借方、右側は貸方と言うモノなんだと、昔の人が決めたんだなくらいに割り切ってもらえればと思います。

 また、貸借対照表を見ると、右側と左側の金額は一致していますね。このように、貸借対照表は左右の合計金額が必ず一致するようにできています。

 次に、さきほどの工場の事例で、50万円を銀行から借りるのではなく、会社を作る時に社長が自ら50万円を出資し、設備を購入した場合、以下のような貸借対照表になります。出資したお金50万円は純資産として、右側に記載します。購入した設備は先ほどと同様に、資産として左側に記載します。

【貸借対照表とは】まとめ

今回は、貸借対照表について、解説しました。貸借対照表は資金の調達方法と運用方法を示していることを説明しました。借りたお金は負債、会社に出身してもらったお金は純資産として貸方である右側に、購入した設備は資産として借方である左側に記載します。ざっくりとイメージをつかめたでしょうか。

皆さんに役立つ学習、投資やビジネスに関する情報を発信できれば思いますので、以下のリンクもチェック、チャンネル登録、フォローしていただけると嬉しいです。
YouTube:動画で学べるビジネス商学チャンネル
Twitter:https://twitter.com/WXbrl

タイトルとURLをコピーしました