【財務分析】株式会社松屋 長期的には厳しいかもしれない

財務分析

【財務分析】はじめに

本ブログでは、理系出身MBAホルダーの私が、財務分析をします。企業の安全性、収益性、安全性を分析し、皆さんの勉強や投資に役に立つ情報を発信していきたいと思います。そして、MBAや外資系企業でマネージメントをしている中で得た経験、大学を出てIT企業でエンジニアなどをしていた中で得た経験から、ビジネスにも役に立つ情報をここで書いていきたいと思います。

※本ブログで書いている分析内容などに誤りがあったとして、皆さんが投資などで損失を被っても、責任は負いませんのでご理解ください。

【財務分析】全体的な総評

今回は、百貨店で有名な、株式会社松屋の財務分析をしていきたいと思います。分析をした結果としては、安定的に利益が出ているのは良いのですが、将来性は課題ありの状態ではないかなという感想です。それでは、具体的に、数字を交えて見ていきたいと思います。外出自粛の影響を受けそうな銘柄として、分析してみたいと思います。

【財務分析】成長性

企業が成長期、成熟期、衰退期のどのフェーズにあるのかを見ていきます。情報は、有価証券報告書、決算説明資料などから取れますので、ご自身で、各企業のホームページのIR情報を調べてみましょう。

売上高と総資産の推移の確認

売上高の遷移と総資産の遷移を確認します。
「売上が上がり続けているのに資産が増えていない」、「売り上げが下がっているのに資産が変わっていない」など、企業の資産と売り上げの関係、またその変化をみて、違和感を感じることがあれば必ず自分でも調べて理由を探ってみましょう。松屋の売上は横ばいです。

営業利益と当期純利益の推移

営業利益の遷移が、当期純利益の遷移が乖離することがあります。その場合、経常利益時点での差が出ることや、または特別損失などが出ている可能性がありますので、調べてみると思わぬ発見があるかもしれません。松屋については、営業利益が落ち込んできているのが非常に気になります。

【財務分析】収益性

次に、企業の設ける力を示す収益性を見ていきたいと思います。他社と比較することで、その企業の特徴が見えてくるかもしれませんので、他社のデータも比較することをお勧めします。

ROA(総資産利益率)の推移を確認

ROA=営業利益÷総資産といい、英語でReturn On Assetの略です。投資した資産がどれくらい利益を生み出しているかを示します。同じ業界で他社と比較すると、会社の稼ぐ力がわかりますので、他業界と比較すし、業界の特徴を見ると良いと思います。ROAが落ち続けているのは気になるポイントですので、細分化してみてみましょう。

ROAは売上高営業利益率、総資産回転率のどちらによる変動か

ROA=売上高営業利益率×総資産回転率 とも計算できます。つまり、営業利益が変動してROAが変わったのか、総資産回転率が変わって、ROAが変化したのかを見ることで、体質が改善されているのか、景気などの変動等によって一時的に変わっているのかなどが見えてきます。松屋の数字は、総資産回転率の落ち込みも影響しており、景気の変動だけによるROAの低下ではないことがわかりました。

売上原価率と販管費率の遷移を確認

売上高原価率=売上原価÷売上高です。売上原価率と販管費率のチェックは、商売の基本です。原価率が変わる場合、新しい業態に手を出し、収益構造が変わったなどの要因もありますので、上がり下がりに一喜一憂するのではなく、その要因を見ていきましょう。気になるポイントとして、売上原価率が上がってきている点です。このまま、売上原価が上がり続けると、あと2%前後の変化で赤字に転落してしまいます。

各回転率は改善気味

各種回転率のみを見ていても、その企業にとっての課題は見えてきません。一方で、すべての回転率を並べてみることで、変化に敏感になり、異常がないかを検知する可能性を挙げることは可能です。企業の効率性が下がっていないかを全体的に見てみましょう。棚卸資産回転率や売上債権回転率が上がっているので、経営としての効率化はできてきているのかもしれません。

【財務分析】安全性

財務面の安全性を分析します。安全性を見ることで、債務が多すぎないか、短期的な資金繰りにリスクはないかなどを知ることができます。

短期的な資金繰りをチェック

流動比率=流動資産÷流動負債です。短期的に支払わなければならない負債と支払いに使えるお金の比率で、一般的には200%を超えていれば良好とされています。流動比率は下がってきているため、長期的にはあまり良い状況には見えません。特に外出自粛の影響を受ける可能性を考えると、リスクのある状態かと思われます。

負債の大きさに問題はないか

負債比率=負債÷純資産です。自分の資産(純資産)と借金(負債)の比率を示します。負債比率が大きいと、利息の支払い負担が増し、長期的な返済リスクを持っているという事になります。一般的には100%以下が良好とされています。そんな負債比率ですが、150%前後を推移しています。一方で、流動比率が下がっているので、心配なことには変わりないです。

インタレストカバレッジレシオ=(営業利益+受取利息等)÷支払利息です。
支払う利息に対して、何倍の利益を稼いでいるかを示します。明確な基準値はありません。

長期的な安全性

固定比率=固定資産÷純資産です。工場や店舗などの資産をどれくらい自己資金で賄っているかを示します。一般的には100%以下が良好とされています。百貨店のような建物を持つビジネスは、固定比率が高くなりがちなので、この点においてはあまり心配ないでしょう。

【補足】固定長期適合率も見よう

固定比率が100%より大きい場合、固定負債を考慮した固定長期適合率=固定資産÷(固定負債+純資産)も考慮します。長期的に使う固定資産なので、自己資金+長期的に返済する固定負債で賄っていれば良いとう考え方です。目安は同じく100%以下です。

【財務分析】キャッシュフロー(CF)

営業キャッシュフロー(CF)をチェック

企業活動でどれくらいお金を稼いでいるかです。これがマイナスだと、きちんと利益を上げられていないことを示しています。2019年度は下がっているのですが、まだ何とか営業キャッシュフローはプラスの状況です。

投資CF、財務CFの状況から企業の資金需給を考える

投資キャッシュフローと財務キャッシュフローが必ずしも、プラスでなければならないという事はありません。成長している企業では、企業活動で稼いでいるお金(営業CF)以上に設備投資などが必要になるため投資CFが大きなマイナスとなります。設備投資のための資金を得るために、資金調達をすれば財務CFはプラスになります。百貨店のようなビジネスは店舗の大規模改修が常に付きまといますので、投資キャッシュフローは基本的にマイナスになるかと思います。

フリーキャッシュフロー

リーCF=営業CF+投資CFです。企業活動で稼ぐお金と設備投資などに必要な資金の差です。企業が必要な設備投資などを行った上で、ある程度自由に使えるお金を示します。大きなマイナスが続けば、資金調達が必要になるでしょう。全体で気に見ると、ギリギリプラスか、マイナスの状態なので、あまり安心してみていられる状況ではないです。

【財務分析】セグメント別の状況

企業は複数(セグメント)の事業を持っていることがあり、成長中の事業、成熟した事業など様々な状況に分かれることがあります。どの事業が資金を生んで、どの事業に資金を投下しているのか、見る癖をつけると企業の方針が見えてきたりします。

セグメントごとの売上高

セグメントごとの事業規模を見てみましょう。

セグメントごとの利益率を確認

セグメントごとの利益率を確認し、今後、成長、成熟、衰退のどのフェーズにあるのかを見てみましょう。飲食業は利益率がプラスになりそうなこともありましたが、マイナスの状況です。

設備投資に対する投資

簡易投資CF/減価償却費は、設備投資などの額と減価償却費の比率です。目安として、100%程度で現状維持、それより多いと積極的に投資していると見ることができます。全社戦略を踏まえて、セグメントごとの投資活動を見てみましょう。こう見ると、それほど、それぞれに大きな投資の差はないように見えます。

各事業での儲けをどこに投資しているか

簡易投資CF投資/営業CFは、必要な設備投資等をどれくらい自ら稼いでいるかを示しています。目安として、100%程度で自給できています。100%を超えると、他のセグメントから資金を得るか、借り入れが必要な状況です。逆に、100%より小さいと、資金を生んでいる事業です。資金を生むセグメント、資金が必要なセグメントを見てみましょう。引き続き、百貨店事業にしっかり儲けを回しているように見えます。

※有価証券報告書データ更新日:2020-05-29

【財務分析】まとめ

今回、分析してわかったのは、株式会社松屋は売上は横ばいですが、外出自粛の影響を受け長期的安全性の点で懸念があるという事です。今後、引き続き、分析を続けていきたいと思います。

皆さんに役立つ学習、投資やビジネスに関する情報を発信できれば思いますので、以下のリンクもチェック、チャンネル登録、フォローしていただけると嬉しいです。
YouTube:動画で学べるビジネス商学チャンネル
Twitter:https://twitter.com/WXbrl

タイトルとURLをコピーしました