【3C分析】経営戦略分析の基本ツール テンプレート公開

経営戦略

【3C分析】このブログを読んでいただいたら分かること。

自社の分析をする上で、大きなフレームワークが3C分析です。このブログを読んでいただければ、3C分析の概要を掴むことができます。最後に、テンプレートの公開もします。

【3C分析】とはなにか

3Cとは、Competitor, Company, Customerの略です。以下の画像のように表現され、それぞれ、Competitorは競合他社、Companyは企業(自社)、Customerは顧客を意味します。自社の置かれている状況を調べるために使われる分析手法の一つです。こういった分析ツールは、網羅性を出すために使われることが多いため、必ずしも、すべてがきれいに埋まるわけではありませんが、3Cは非常に大きな括りのフレームワークのため、すべて分析できるようにしたいです。

【3C分析】それぞれをもう少し説明

実は、3C分析はそれだけでは終わりません。様々なフレームワークと一緒に利用することで機能します。

Customer

顧客はどういった顧客なのか。例えば、顧客は、BtoCのビジネスであれば、分かりやすいのですが、BtoBのビジネスや、BtoBtoCといった、エンドユーザーが見えない形態をとっている場合は、顧客を分けてWin-Win-Winの関係を考えなければなりません。このようなことを理解するには、自分の分析する企業のビジネスモデルがどうなっているかをしっかりと把握する必要があるでしょう。

Company

自社についてですが、こちらも、他社に対して、どういった優位性があるのか、組織としての強さ、財務面での強さなど、様々な分析要因があります。例えば、自社の社員や社風も記載するべき内容になるかもしれません。例えば、バリューチェーン分析を行い、自社が協業するパートナーや、自社の補助的な組織について、強みや弱みを洗い出すなどのことも必要です。

Competitor

企業が多様なビジネスに手を出している現在、競合分析は非常に複雑です。例えば、家電量販店の競合分析では、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、地域の家電屋さんなど、競合が固定で存在していましたが、オンライン通販が始まると、楽天やAmazonも脅威となる可能性が高いです。思わぬところでバッティングしきってはいないが、影響を与えられてしまうところまで想像を膨らませないといけません。

一方で、ただの脅威として考えずに、それぞれのターゲットや強み、弱みを調べ、競合とのすみわけも含めて分析してみましょう。

【3C分析】まとめとテンプレート

今回は3C分析について書きました。基本的なことなので、ここまで詳しく書く必要はないのかもしれませんが、重要なことなので、知らなかった場合は英語での言い方も含めて覚えていただけたらと思います。

以下にテンプレートもつけますので、ご確認ください。

皆さんに役立つ学習、投資やビジネスに関する情報を発信できれば思いますので、以下のリンクもチェック、チャンネル登録、フォローしていただけると嬉しいです。
YouTube:動画で学べるビジネス商学チャンネル
Twitter:https://twitter.com/WXbrl

タイトルとURLをコピーしました