【コールドチェーン】を解説 これからはIoTによる物流の時代

経営戦略

【コールドチェーン】とは

サプライチェーンや、バリューチェーンという言葉は一般的で聞いたことが多い方もいると思いますが、まずチェーンという言葉は、日本語では「鎖、連鎖」と訳します。サプライチェーンとは、直接訳すと「供給連鎖」という言葉になり、サプライチェーンとは、物流で製造から、供給までの一連の流れのことを言います。

バリューチェーンはもう少し意味が広く、「価値連鎖」と訳されるように、価値を創造する全体の工程のことを言いますので、開発や研究から、商品提供後の保守サービスも含む広い意味になります。

そして、コールドチェーンですが、そうすると、イメージが湧きやすいと思いますが、近年、単純にサプライチェーンといっても、低温で商品を届ける必要のあるものが増えています。簡単にイメージが湧くのは生鮮食品でしょう。ほかにも、最近ではコロナウイルスでさらに有名になりましたファイザーやモデルなのワクチンも低温で配送が必要な商品のため、コールドチェーンによる物流に当たります。

【コールドチェーン】これからは、コールドチェーンが活性化

コールドチェーンは世界で毎年15%程度の成長を遂げており、「Grand View Research」の調べでは2020年で世界で20兆円規模にも上るといわれています。非常に急成長を遂げており、これからも、商品の鮮度が高く、価値が上がる商品も増えてくることが考えられます。

そんなコールドチェーンの発達により、より安く、より早く、低温で商品を届けることができるサービスが出てくると思いますので、今後、そういったサービスを考えるのも良いかもしれません。

【コールドチェーン】まとめ

コールドチェーンについて、解説しましました。これから市場は開けていくと思いますが、なかなか日本ではコールドチェーンにおいて、強い企業というのが出てきていない印象です。これから大きくなっていく市場ですので、しっかりと見ていきたいと思います。

皆さんに役立つ学習、投資やビジネスに関する情報を発信できれば思いますので、以下のリンクもチェック、チャンネル登録、フォローしていただけると嬉しいです。
YouTube:動画で学べるビジネス商学チャンネル
Twitter:https://twitter.com/WXbrl

タイトルとURLをコピーしました